fbpx

ダイエット中の自宅ケアと水分補給

ダイエット中の自宅ケアと水分補給

ダイエットに関する話をすると、よく「リンパ」という言葉を耳にしますよね。

「リンパの流れが滞っているとむくみやすい」

「リンパマッサージは強すぎると良くない」

など色々な情報が飛び交っていますが、そもそもリンパってなに?

血液の流れとは違うの??

こんな疑問を持っている方も多いはずです。

今回は自宅でできるリンパマッサージと水分補給について紹介したいと思います。

そもそも「リンパ」とは何のことでしょうか。

リンパとは、リンパ液とも呼ばれている毛細血管から浸出した黄色の液体で、タンパク質や脂肪、糖質の他、細菌やウイルス、老廃物を運んだりする役目をしています。

網の目のように体中に張り巡らされている「リンパ管」の中をリンパは流れています。

リンパ管が合流して太くなる部分は節のようになっているので、「リンパ節」と呼ばれていて、全身に約800ヶ所あります。

リンパ液、リンパ管、リンパ節を合わせてリンパ系と呼んでいます。

なぜリンパマッサージがいいのか?

コアヒートを受けて頂いた方には施術後に自宅ケアとして、リンパマッサージと水分補給を意識して行うようお話ししています。

毎日コツコツ続けている方はコアヒートの効果も長時間持続していますが、リンパマッサージがなぜ効果的なのか説明していきます。

リンパはリンパ管の中をとてもゆっくりとしたスピードで流れています。(1秒間に0.5㎝以下)。

血液はポンプの働きをする心臓があるので早いスピードで流れていますが、リンパ系にはそれがないからです。

リンパ管は髪の毛のように非常に細いので、あまり体を動かなさない生活をしていたり、乱れた食生活などをしていると、すぐにリンパ液の流れが滞り老廃物が多く溜まったまま動かない状態になってしまいます。

これがむくみやや肥満、体の不調の原因になってしまうのです。

リンパ管は皮膚組織に多く分布しています。リンパの循環は皮膚組織に刺激を与えることで促進させることができます。

リンパマッサージを行うとリンパの流れが改善し、溜まった老廃物が排出されやすくなります。

そのため、むくみが解消し、コアヒートの効果もより長く持続できるのです。

リンパマッサージのポイント

自宅でのリンパマッサージで気を付けるべきことは大きく3つあります。

① 手順

リンパの最終出口である鎖骨下からスタートすると良いでしょう。

リンパのほとんどは左鎖骨下に集まるように流れています。

左鎖骨下で静脈と合流し老廃物が排出されると言われているので、リンパマッサージは左鎖骨下から始めましょう。

② 流す方向

リンパマッサージをするときは、リンパ節に向かってマッサージしましょう。

【体で重要なリンパ節】
・耳の前(耳下腺リンパ節)
・あごの下(顎下リンパ節)
・肘(肘リンパ節)
・鎖骨(鎖骨リンパ節)
・脇の下(腋下リンパ節)
・腹部(腹部リンパ節)
・脚の付け根(そけいリンパ節)
・膝裏(膝下リンパ節)

③ 圧(力加減)

リンパ管は皮膚表面に分布しているので、ぐいぐいと押さず、ソフトな力加減で十分効果があります。

「軽く押す」「優しくなでる、さする」がポイントです。

軽く押すことでリンパ管の詰まりを解消し、軽くさすることで流れを良くしていきます。

毎日短時間でもいいので続けましょう。

リンパマッサージの効果

リンパマッサージを続けることで体にとてもいい変化がでてきます。

① リラックス効果

凝り固まった体がマッサージ効果でゆるみ血流も良くなるので、リラックスできます。

② むくみの解消

リンパマッサージによって、体内の余計な水分が排出されやすくなり、むくみの解消が期待できます。

③ ダイエット効果

リンパマッサージを行うことによって体の代謝がアップし、ダイエット効果が望めます。

④ 疲労回復

ストレスや疲労による老廃物の蓄積が解消されるので疲労回復が望めます。

⑤ 体質改善

リンパの流れが良くなり老廃物が体外に出やすくなるので、肩こりや頭痛が改善するほか、さまざまな
部分で体質改善が望めます。

排出を促すために必要な「水分補給」

コアヒートの施術後やマッサージの後は体に溜まった老廃物をより排出しやすいように水分補給は欠かせません。

私たちの体の大部分は実は水分でできています。

血液や細胞の中などに含まれており、成人では約65%を占めているほどです。

血液に含まれる水分は体の隅々にまで栄養やホルモン、酸素を運び、体内の老廃物を尿として排泄する役割を持っています。

また、体温調節という大切な機能にも関わっています。

体の中の水分が失われ、少なくなった状態を「脱水」といいます。

この状態になると熱中症や脳梗塞、心筋梗塞などのさまざまな健康障害の原因となります。

日本人は全体的に摂取量が不足しており、平均1486mlとなっています(国立研究開発法人産業技術総合研究所)。

女性は平均よりもさらに100mlほど少なく、「あとコップ2杯」の量を増やせば必要量を確保できる計算になります。

まずは健康のために、水を飲むことを心がけましょう。

また、食事中の水分補給は食事の満足度を上げ、空腹感を和らげてくれる効果もあるので、ダイエット中は適量の水を飲むことをお勧めします。

コアヒート施術中の食事制限は?

コアヒートを受けて頂いている方へ特別食事制限は行っておりません。

カウンセリングの際に、日常の食生活で改善するべきところは改善し、日々習慣化できることを行っていただくようお願いしています。

無理な食事制限は禁物です。

なぜなら「代謝が下がってしまう」からです。

体がエネルギー不足になると体は入ってきたエネルギーを全て体に蓄えようとします。

結果、体重は減っても太りやすい体質になってしまうということです。

これがリバウンドの原因です。

ダイエットをしようとお考えのあなたもぜひ「脂肪が燃えやすい体を作る」ことから始めましょう。

コアヒートはどうして体質改善ができるの?

コアヒートは他社のラジオ波機器とは違い、「対極板」を使用しているので、体の深部から熱を発生させることができるため、脂肪燃焼と同時に体質改善もできます。

浅部加温と深部加温の2種類のプローブを組み合わせ、肥満の根本原因(体内温度、深部血流、基礎代謝)にダイレクトにアプローチする本物の痩身エステです。

・代謝を上げるのは大事だけど、何をしたらいいか分からない。
・今やっている温活が効いているのか分からない。
・もともと冷え性で体が冷たくなかなか温まらない。
・食事に気を付けているのに全く痩せる気配がない。

このようなお悩みをお持ちではないですか?

痩せない原因を知り、根本から改善することができるのはコアヒートだけです。

秋田市にある痩身エステサロンブルームで、リバウンドのしない体を手に入れましょう。

新規の方のご来店をお待ちしております☆

関連記事

  1. 痩身エステで効果が出る人でない人

    痩身エステで効果が出る人でない人

  2. コアヒート痩身で痩せられた皆様の結果写真一覧

    コアヒート痩身で痩せられた皆様の結果写真一覧

  3. 好きなもの食べたい!でも痩せたい!こんな私でも痩せられる…?

    好きなもの食べたい!でも痩せたい!こんな私でも痩せられる…?…

  4. 痩身エステなのに痩せるだけじゃない?? 女性の悩みにどこまでもシフトできる最新機器コアヒート

    痩身エステなのに痩せるだけじゃない?? 女性の悩みにどこまで…

  5. ダイエットとストレスの関係性

    ダイエットとストレスの関係性

  6. 食事制限→代謝低下→痩せない→食事制限を繰り返しているあなたへ

    食事制限→代謝低下→痩せない→食事制限を繰り返しているあなた…