fbpx

あなたの内臓温度、何℃ですか?

あなたの内臓温度、何℃ですか?

冷え性の自覚がある方にどの箇所に冷えを感じているかを尋ねると、手足などの末端を指す方が多いです。

さて、お腹はどうでしょうか?

手足だけでなくお腹や腰まわりが冷えている方、意外といらっしゃいます。

「腸冷え」(内臓冷え)という言葉を聞いたことがありますか?

腸が冷えてしまうと様々な身体の不調だけではなく、大きな病を招いてしまうこともあります。

そして、ダイエットにおいても「腸冷え」はとても大切なワードになります。

ですが近年、“腸活”ブームで様々な健康法やダイエット法も広まりつつありますが、間違った情報や知識も多く、逆に腸に負担をかけてしまっているケースも少なくありません。

そこで、みなさんには正しい腸の温め方をご紹介します。

腸は簡単に冷える

あなたの内臓温度、何℃ですか?

内臓の冷えは隠れ冷え性とも呼ばれています。

手足の冷えと比べて、内臓冷えのほうがなかなか自分では気づきにくく、身体への悪い影響力が高くて危険です!!

 

腸の温度は、常にだいたい約37℃に保てている状態が理想的だと言われています。

しかし、私たちが思っている以上に内臓はとても冷えやすいのです。

冷たいアイスやキンキンに冷えた喉越しのよいビール、好んで口にされる方も多いかと思いますが、それらによっても腸は冷えてしまいます!

お腹にいれると、だいたい37℃あるはずの内臓温度が一気に冷え、33℃近くまでいっきに下がってしまうのです。

 

私は体温が高いから大丈夫、と安心されていませんか?

日常生活で使用している体温計で計れる温度は、身体の表面の温度にしかすぎません。

あなたの腸の温度は何℃くらいでしょうか。

腸が冷えてしまう原因はさまざまですが、主に下記のようなものがあげられます。

・冷たい食べ物や飲み物を頻繁に摂る
・食事は栄養バランスが整えていない
・長時間座っていることが多く、運動不足気味
・薄着や身体を引き締める衣服をよく着る
・ストレスと疲労が溜まっている

いくつ当てはまりましたか?

ひとつでも当てはまった方は、表面上の体温が高くても、腸が冷えてしまっている可能性があります!

私たちが思っている以上に、生活習慣や日常生活の中にも腸が簡単に冷えてしまう要因がたくさん潜んでいます。

腸冷えが招くおそろしいこと

あなたの内臓温度、何℃ですか?

では、腸が冷えるとどのようなことが起きるのでしょう?

1. 腸の蠕動(ぜんどう)運動が低下し、便秘や下痢に繋がる
2. 善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れる
3. 消化酵素の働きが弱まり、栄養を吸収しにくくなる
4. 腸内の免疫の働きが弱まる
5. 自律神経が乱れ気力の低下や心の不調、内臓や血管の働きが弱まる
6. 代謝の低下から内臓脂肪がつきやすくなる

腸が冷えることで臓器だけではなく、身体全体の多くの機能が低下し、血流が滞ったりすることで、基礎代謝や免疫力も落ちます。

その結果、身体は摂取した栄養をきちんとエネルギーに変換することができずに脂肪にしてしまったり、老廃物が排出されにくく基礎代謝も落ちてしまうため、シミや吹き出物などの肌トラブルが増えてしまうのはもちろん、どんなに運動やダイエットを頑張ってもなかなか効果へ繋がらない身体へなってしまうのです。

さらには、免疫力が落ちてしまうことでダイエットを続けていくうえで大切な健康さえも失ってしまう可能性も十分にあります。

 

腸は私たちが思っている以上に簡単冷え、身体にとってもダイエットにおいても、もたらす影響の大きさをこのブログを通してお伝えできていれば嬉しいです。

いろんなことに挑戦してみる前に、自分の体質を見直すことが大切です。

いろんなことに挑戦してきたけれど
効果を感じていたものも最初だけで
リバウンドも何度か経験してきた

そんなあなたにとって足りなかったのは内臓を温めることかもしれません。

正しい腸の温め方

あなたの内臓温度、何℃ですか?

痩せる為に重要なのは表面温度ではなく「内臓温度」です。

腸(内臓)を冷やさないためには、表面ではなく身体の芯から温める意識をすることが大切です。

 

温める方法としてどのような方法を思い浮かべますか?

例えば、日常的にも取り入れやすい身体の温め方として、お風呂やサウナなどが頭に浮かんだ方もいるのではないでしょうか。

それらは「伝導加温」と呼ばれる温め方になりますが、外側からのあたためであるので、腸を温めるために大切な内側までの温めにはなりません。

 

腸の健康にとって欠かせない「食」はどうでしょうか。

ただ温かい飲み物を飲めば温まるというわけでもありません。

バランスも良く食物繊維たっぷりの具材を取り入れた方がいいでしょうし、スパイスがはいっていれば少しの量でも身体は温まりますが、その温まりは一時的なものにしかすぎませんし、暑い夏場には温かいものを積極的に取ることも難しく感じるでしょう。

運動も腸の温めには効果的ですが、運動で活動代謝を上げる前に、まずは人間の体の中で起こる代謝のうち7割も占めている基礎代謝を上げることが大切になってきます。

苦手な運動や食事管理をいくら頑張ったとしても、継続することはもちろん、正しい方法でなければ効果はついてきません。

腸(内臓)をしっかりと効率よく温めながら痩せやすい身体をつくるに、ぜひ一度コアヒートを体験してみてください♪

先ほどお話しさせていただいた、お風呂やサウナの「伝導加温」と呼ばれる温め方とコアヒートは真逆のものになります。

「立体加温」と呼ばれる温まり方によって、身体の芯から熱を発生させ、内臓までしっかりと温めることができます!

ダイエットだけではなく、健康や美容を目的として通われている方も多くいらっしゃいます♡

 

好きなものを我慢して頑張ったダイエットを水の泡にしないために、基礎代謝・体内温度・深部加温を改善することのできるコアヒートで、内臓の冷えにも悩まない体質へ改善をしていきましょう。

また、コアヒートは体質から改善していくことができるので、痩身なのに厳しい食事管理も不要なのが嬉しいですよね♪

 

これまでのライフスタイルに変化をいれることは簡単なことではありませんし、忙しい日々の中で少しでもストレスに感じてしまうのは避けるべきことです。

これから理想のお身体に変わっていく自分の姿を想像するだけで、とてもワクワクしますね♪

ダイエットを結果に繋げることはもちろんですが、途中経過も楽しんでいただきたいと心より思っております!

そしてその時間をお供させていただければと思います(^^)

 

生活の中で無理なく続けることができて、結果もついてくるダイエットに出会えたとき、それがみなさんにとってほんとうの最後のダイエットになります。

これまでいろんなことを経験されてきて、くじけそうになったことや、ひとりで行うダイエットに限界を感じてしまったことがある方はもちろんサロンデビューを考えていらっしゃる方などどんな些細なお悩みでもお気軽にご相談いただければ嬉しいです。

 

秋田市で他社のラジオ波とは異なる魅力の詰まったコアヒートを受けられるのはブルームだけ☆

みなさまとお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

 

関連記事

  1. セルライトを減らしたい!!!どうしたらいいの?

    セルライトを減らしたい!!!どうしたらいいの?

  2. 食事制限→代謝低下→痩せない→食事制限を繰り返しているあなたへ

    食事制限→代謝低下→痩せない→食事制限を繰り返しているあなた…

  3. 「瘦身エステは痛い!熱い!」こんな経験ありませんか?

    「瘦身エステは痛い!熱い!」こんな経験ありませんか?

  4. 痩身エステなのに痩せるだけじゃない?? 女性の悩みにどこまでもシフトできる最新機器コアヒート

    痩身エステなのに痩せるだけじゃない?? 女性の悩みにどこまで…

  5. 1gあたり9kcalの「脂質」との向き合い方

    1gあたり9kcalの「脂質」との向き合い方

  6. 特別冷えを感じていないから大丈夫?

    特別冷えを感じていないから大丈夫?